BIOGRAPHY

フリーアナウンサー・朗読家

北方 真世(きたかた まよ)

「ことばは、生きている」

1994年より、地元香川県でフリーアナウンサーとして、テレビ、ラジオ、イベント司会、ブライダル司会などに携わる。

2001年、女優の故・岸田今日子氏の勧めで、朗読活動を開始。その後、4年半かけて行った朗読ボランティアが基盤となり、独力で地道に朗読を学び続ける。

その後、作曲家の夫、北方寛丈とともに朗読音楽劇を展開し、目には見えない〈音と声〉の持つ可能性を深めてきた。自然体で発する自分本来の〈声〉と〈想い〉が、言霊に秘められたパワーを動かすと信じている。

自身の更なる進化とともに、「ことばは、生きている」を伝え続ける。まるで子守歌のように人の心に染み渡る慈愛に満ちた声に、ファンも多い。

2018年より、ヒューマンセンサーの利き脳コンジェルジェ。