BLOG

北方さんの日常

なぜやっているのか?

【音楽は、いつから《こなせる技術・表現を身に付けること》になってしまったのか】
何をやっているかは表面的な話で、大切なことは、

「なぜやっているのか?」

ですよね。
音楽はとっても精神的・本質的な世界。
音楽の衝動とは、人間そのものの衝動。
その人間の衝動が抑圧され過ぎている、現代のモラルセンス。コモンセンス。
これについて、どう思いますか?
と、
こういう話を心地良く出来る仲間を増やしたいなと。
音楽のあらゆる可能性について、日々本気で考えて実践して進化していることが常識・当たり前になればなあ・・・

そう改めて感じたのも、今日参加してきた【ピースデイ】のおかげなんです。

きっかけは、ドラゴンアーティストの國分夢志くんが、
ソロピアノアルバム【Synchronicity】から、
「ツナグ」と「宇宙へのインプロヴィゼイション」を流しながら、
即興で龍を描くパフォーマンスをするというので、観に行ったイベントが【ピースデイ】でした。
パフォーマンスは素晴らしく、エネルギーがもともと高い夢志くんだけど、
更にパワフルでメッセージ性の強い龍が見事に現れてました。

見終わったあとは、様々なトークセッションを聴き、ライブを聴き。
なんて贅沢な時間だっただろうか。
特にトークセッションはどれもすごく良くて!
本気で世界平和のために行動している人の言葉は強い。でも硬くない。
しなやかで軽やかで、でも、強い。
どれも共感できる話ばかり。

そして結論は、やっぱり世界平和なんて、本当は一瞬で出来ること。笑

あとは、SDGsがようやく日本で理解されはじめていて、
サステイナブルな世界に向けて動き始めた感覚がすごくあって、
でもそれは自分が見たい世界はそういう世界だから共感できるのかな?とか。

じゃあ金沢でどれくらい普段からそういう話が出来る環境にあるか?とか。

そういうことを話しながら音楽を通して社会にどれだけのことが出来るのか?とか。
色々と思いが駆け巡りました。

自分もあまりこういう話を公ではしてこなかったし、こういうことに関心があって、
なおかつ行動している、
実践している仲間がいるところに自分が行っていないということもあるのだけれど、
ピースデイのトークセッションの最後でパネラーの皆さんが口々に言ってた、

「同じ考えを持つ仲間を増やそう」

を、シンプルに実践していこうと決めました!
これまでは、

「言ってもまともに聞いてもらえない」
「そういうことしてるんだね〜」という言葉だけで何もその先がないとか、
「何か発信しても反応がない」とか、そういうことの方が多くて、

そうなると、

「どうせムダだな、、、」とか、そういう感じで捻くれてたけど、
色々思うところがあって、まずは仲間を増やそう!というところに、ようやく至りました。
その決意をするには充分な時間を頂けたことに、心から感謝なのです。

さて。
本質的な話は、
人間の魂全ての根底に流れる川のように、同じ性質の水をみんなが持っているから、
必ず共鳴するんです。
その本質的なことを突き詰めていく中で、形になっていったことが、
【UTAUMI】だったり、
【Synchronicity】だったり、
【かがやき音楽団】だったり、
【北方音楽塾】です。
というわけで、音楽の本質に触れることで、寛容さ、豊かさ、素直さを発揮してみましょう〜
この音楽塾や音楽セミナー、出張レッスンなどは全国展開していきます。
ですので、ご興味あれば何卒お呼び頂けたら幸いです。
どこでも行きます!笑
お気軽にご相談下さい。(連絡は直接メッセンジャーでOK!)